KOKEMOMO・TIME

めんどくさがり屋でズボラな生活。。。

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

ちびっこお菓子教室 

 

昨日、ご近所に住む小学生の女の子たちがお菓子を習いに来てくれました。
よそ様の大切なお子さん…。
ケガややけどのないように…。
でも、少しは大人の真似事も交えながら
すこしでも、楽しくお菓子作りをしてもらえれば…と
「ヨーグルトゼリー」と「チョコチャンククッキー」と「チーズケーキ」をがんばって作ってもらいました。
ヨーグルトゼリーも超カンタンで、電子レンジでチンとして混ぜるだけ。
そして、チーズケーキも混ぜるだけ。
この2つはコツもなく、本当に超カンタン。でもそこそこ美味しいですよ。
子供たちがやる気マンマンでがんばってくれたので、あっという間に終わってしまいました。
思ってたよりトントンと全部焼きあがり、簡単なラッピングまでして持って帰ってもらいました。
(あまりにあっという間で写真をとるのも忘れてしまいました。)

子供たちがなにより喜んだのはお昼に食べたスパムおにぎり。
アメリカ生活でお世話になったスパムですが、日本ではちょっとお高いので
なかなか食卓には上りません。
でも、こういうイベントの時には便利。
やっぱり一番のお気に入りはおにぎり。
塩味のものもありますが、やはり砂糖醤油でしょう!
ご飯にチーズを入れても美味しいのです。玉子焼きも挟みます。
マヨネーズも合いますよ!お試しあれ~!(減塩タイプがオススメ)
「アメリカと日本の食の融合や~!」(彦麿風:最近めっきり見なくなった…メタボすぎ?)

0404200802.jpg

とても楽しい時間を過ごせました。
みんなが帰って、家族の人たちに褒めてもらえるといいなぁ…なんて思いながら。

今日は、朝早くからお菓子作りです。
英会話の時間に、アメリカからお客様がきて、ちょっとしたパーティーがあったのです。
せっかくなので、少しお菓子を持っていくことに。

0404200801.jpg

「アメリカ人」といえば「チョコチャンククッキー」なのです。
なぜなら、オクラホマにいたころ、アメリカ人のいるところには必ず「チョコチャンククッキー」があったのです。
ダンナの職場の方々とのビュッフェスタイルの食事会にも、デザートはチョコチャンククッキーが並んでました。
アメリカ人でチョコチャンククッキーがキライなひとはきっといないんじゃないかな。
たぶん、日本人の「味噌汁」みないなものだと思う…

0404200803.jpg

そして、マドレーヌ。
先日のスクーリングで栄養士の先生の作ってくださったカップケーキを食べました。
その味が忘れられなくて、先生にいろいろ尋ねたのです。
そして先生と同じ「平飼いたまご」と「きび砂糖」、「国産小麦粉」を使い(バターだけは違いました)、素材の味を比べるために、素朴なマドレーヌを作ってみました。
いつものマドレーヌが先生の味に!!!
なんとも素朴で、食べた瞬間たまごの香りが口の中に広がります。
国産の小麦粉…はいつも使う薄力粉より重たい感じがしますが、本当に素朴なお菓子が出来上がりました。
素材にこだわったものはやっぱりおいしいっ!
あこがれの「マドレーヌのでべそ」もできました。
(でべそというより、おっぱいのように見えますが…)

スポンサーサイト

category: お菓子づくり

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://kokemomosweets.blog101.fc2.com/tb.php/119-752898d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。