KOKEMOMO・TIME

めんどくさがり屋でズボラな生活。。。

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

「ブタがいた教室」 

 

今日は娘の学芸会の振替休日で、あたしも仕事を振り替えてもらいいっしょに映画に出かけました。
前回、「容疑者Xの献身」で号泣した娘と…です。
テレビドラマや映画を見てよくいっしょに泣きます。
そんな娘とぜひ「ブタがいた教室」を見たいと思いました。
そう。どんな反応なのか知りたかったのです。

この話、昔ドキュメント番組でみました。
とても興味深く、切なく、悲しく…そして感心しました。
なんてすてきな授業なんでしょう。
自分自身、ぜひともこの映画が見たいと思っていたのでした。
そして娘の涙する姿が見たい…

変でしょうか?
娘がテレビや映画を見て感情移入して泣く姿をみるのが好きです。
なんとなくホッとするのです。
「きっと、心が純粋なんだなぁ」
「人の痛みや苦しみのわかる子供なんだなぁ」
なんて…。

今日も案の定、娘とあたしは号泣でした。
帰り道、娘に
「あなたならどうする?」とたずねると
子供は間髪入れず「食べない。かわいそう」といいました。
あたしは意地悪く、「お母さんは食べるのに賛成だな」というと
聞こえるか聞こえないかの小さな声で
「共食い…」
意に沿わない答えへの抗議でしょうか。
それでも母のいわんとすることはわかったようで
「お母さんはね、…」と付け加えると
「わかってるよ。言わなくっても…」と半泣きでいいました。

9歳の子供の頭と心で精一杯このお話を受け止めたようです。
娘の心の内はわかりませんが。
案外「お母さんって本当にくいしんぼうっ!」なんて思っていたりして…

ダンナにこの映画の話をすると「酷やなぁ」と感想。
あたしには「残酷」という感じは全然しませんでした。
とにかくドキュメンタリーのような生々しい子供たちのセリフ。
真剣に悩む姿…涙…
そして妻夫木くんのさわやかなルックス。(それはストーリーとはなんら関係ないデス)
深く深く考えさせられます。
いまでも考えています。
食の大切さとか命の大切さとか…
そんなものよりもっと壮大な生命の営みとか命の起源とか…
そんなものに思いをめぐらせています。


スポンサーサイト

category: 今日のできごと

tb: 0   cm: 2

△top

『ピストルバルブ』ミニライブ 

 

近くのショッピングモールにピストルバルブが来るという情報をゲットしたので、
家族を従え、いってまいりました。

ピストルバルブ…ご存知でしょうか。
水曜日の『ベストハウス1・2・3』に出演している女性ばかり10人組のバンドです。
サックスやトランペット、トロンボーン…と吹奏楽でお世話になっているような楽器が沢山。
ちょっと毛色のかわったバンドなのですが、吹奏楽オタクの娘に是非とも直に見せてみたいと思っていました。

娘はよく大きな壁にぶつかります。
2年前まで楽譜すら満足に読めなかった音楽オンチが
県下でもなかなかの吹奏楽部に入ったのですから、
その壁はかなりの分厚さでかなりの数あるのだと思います。

コンクール前はそのプレッシャーと「思うように吹けない」焦りで
とげとげしく、またちょっと強くぶつかればグシャッと音をたてて壊れそうなほど
もろくなってしまいます。
娘にとって音楽はもっと楽しいものであってほしい…
と思うのは親バカでしょうか。
精一杯頑張っている娘に水をさすわけではないのですが、
そんなふうに泣きながら帰ってくる日が増えてくると、どうしても
そう願わずにはいられません。

と、話がそれましたが、そんな風にいつも感じているので
こういう機会に「ちょっと違う音楽」もかじってもらおうと思いました。

5曲程度の小さなライブでしたが、なかなか素敵でした。
10人ものきれいなお姉さんがおしゃれな服を着てカッコよく演奏する…
上の娘に見せたかったのですが、
すっかりハマったのは下の娘でした…
ライブの後「CDを買って握手してもらう~~」とダダをこねたのも下の娘。
はぁぁぁ。

娘は「カッコいいねぇ」と言っただけで特別このライブの感想を話しませんでしたが、
きっとなにか肌で感じてくれた…と信じています。
もちろん人前で楽しく演奏するうらには、人並みはずれた努力と葛藤とプレッシャーはつきものです。
音楽で何かを伝えるために、そういうことも乗り越えていくのでしょう。

娘の固~い頭をすこしでももみほぐすことができたら…と思っています。



最近、めっきり更新が少なくなっています。
今、読書にハマっています。
暇があったら本が読みたいのです。
本当に読みあさっています。
子供の頃に戻ったような気分です。


category: 今日のできごと

tb: 0   cm: 2

△top

杜の都アート展 

 

定禅寺通りといえば、ロケにもつかわれるほどきれいなデートスポット。
特に秋からクリスマスにかけてはロマンティックでとっても素敵です。
そんな定禅寺通りも日頃は街中に用足しにでた時ぐらいに足早に通り過ぎるだけ。
子連れのオバハン世代になった今、休日といってもめったにこの通りを歩くことはありません。

まぁ、何年振りでしょう。第一この「杜の都アート展」も本当に久し振り。
でもとってもロマンティックですよね。
なんだかパリみたい。(いやいや、パリ行ったことないケド…)

2008110301.jpg

お昼は勾当台公園で開かれていた青葉区市民祭りの屋台で「ヒマラヤのキーマカレー」で腹ごしらえ。

2008110302.jpg

屋台用なのか辛さはとっても控えめ(ちょっとさびしいぐらい…)でしたが、
コクがあって美味しゅうございました。

2008110303.jpg

ポストカードを売っていらっしゃるお姉さまに書いていただきました。
我が娘です。
似てますか~~~???
本来、「似顔絵書きます」とお店を出していたわけじゃないのですが、
ご好意でスケッチブックにさらさらと書いていただきました。
ものの数分で仕上げた作品なんですよ~。

実はこの娘、以前から似顔絵を書いてもらいたがっていたのですが。
よくジャスコなどにいらっしゃる方は特長をおもしろおかしく誇張して書かれるので
「きっと仕上がった絵を見て娘は泣くだろう」
と思い、躊躇しておりました。

今回は、アート展で書いていらっしゃる方の作品をすべて見たうえで
「娘の泣かない絵」を描いてくれそうな方にお願いしました。(親心…)

この作家さんはイラスト風でとってもキレイに書いてくれたうえ、
やはり特長である「目が離れている」ところや「顔がしもぶくれ」なところを
よくつかんでいらっしゃるっ!!!さすがおみごと。
娘を知っている方、似てるでしょう!
こんな美少女だったかって?
似てるとおっしゃいっ!
本人とバカ親は大満足しているんですからっ!!!

category: 今日のできごと

tb: 0   cm: 6

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。